アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年6月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

握る手と杖

現在世の中の景気は回復しつつあり、それに伴って働く場所というのも確保されてきました。
私たちは生活をしていくために、収入を得る必要があります。
それにより豊かな、うるおいのある生活ができるようにもなります。
体が健康で元気なうちに、たくさん働いてお金を稼ぎたいものです。
いずれ歳を重ねていきますとそれもできないようになりますから、若いうちに勤労に励むということを心がけていきたいわけです。
体が健康体であれば仕事に精を出すことができるのですが、それをしたくてもできないという人がいます。
体に障害を持つ人たちは、社会の一員としてみんなと一緒に職場で働きたいと思っているのですが、その思いを虐げられる現状があるわけです。

対応を見つめ直す

世の中には、健康な人ばかりではありません。
体に様々な問題を抱えて、普通に生活することができない障害者の人たちがいるのです。
その人たちは、一般の人たちと考え方は何も変わらないのです。
毎日を明るく元気に過ごしていき、仕事も一生懸命働いていきたいと思っています。
ですがその希望がかなえられるということは、現実問題なかなかできていないことであり一般の人たちの偏見などがまだ残っていると言えます。
障害者の人たちを特別扱いすることもないのですが、健康である私たちが大きな気持ちをもってその問題に向き合っていく必要があるのです。
そうしたことから国や地域ぐるみで取り組んでいる、体の不自由な人への対策が取られてきています。

積極的に取り組まれている

普通の人たちと一緒に働ける環境づくりと記して、取り組んでいる国や地域の自治会では障害者の人たちの支援活動に力を入れています。
それに向けての相談窓口を設けていたり、定期的に出される求人案内においても障害を持つ人たちに合うような就職先が出ています。
企業側も障害を持つ人たちの入社にあたって、職場での勤務がやりやすいような環境を整えていく体制を示しているのです。
そのような取り組みが行われているなか、障害を持つ人たちの就職活動も活発になってきており希望する職場で働くことができるようになっている傾向にあります。
みんなで力を合わせていけば無理な事はなくなり、豊かな住みやすい環境が整ってくることになるのです。

オススメリンク

仕事を探そう

障害者の求人は、雇用率2.0パーセントが制定されたせいもあって、大手の企業でも積極的な募集を行っている場合があります。
定期的に、あるいは不定期に募集を実施する場合もありますので、その様Read more

活動内容

現在は、国や地域において、様々な活動が行われています。
環境破壊が問題となっているため、世界的な取り組みが行われていたり、少子化問題には、国をあげて少子化担当大臣が大きな役割などを担ってRead more

関連リンク